看護予備校/奨学金・学生割引

お問い合わせ電話番号

看護・医療系専門予備校[昼間部・夜間部]

PCサイトへ

学費サポートシステム

看予備オリジナル学費サポートシステム、国からの学費サポートシステム、その他の各種制度のご案内です。 各担当者までにお早めにご相談ください。

  • オリジナル
  • 国から
  • その他

看予備の奨学金(最高20万円)は返済不要です。

看予備オリジナル学費サポートシステムは、他の制度との重複利用も可能です。
特待生試験で学費は最大100%免除となります。
制度の利用がかなわず、万一ご入学できない場合には全ての納入金をお返しします。

看予備奨学金制度担当:田島open

深刻な経済的理由により学費負担が困難な方の経済的支援を目的に、最高20万円までの奨学金の給付を図る制度です。もちろん合否にかかわらず返済は不要で授業料と相殺されます。学生本人との面接を経て給付額が決定されます。〈申込締切4月21日〉主として経済的事由などを審査の対象としています。年齢、学力は問いません。特にシングルペアレントの方はぜひ、お問い合わせ下さい。

リストスタイル受給手続きと決定まで

必要書類

  • 当校の入学願書(右上の奨学金希望欄に○印)
  • 学生本人(または保護者)の年収記載の住民税課税証明書や源泉徴収票、給与明細などの所得を証明するもの(プライバシーは厳守いたします)。

手続き

  • 入学金などを納付し必要書類をご提出ください。ご相談のうえ面接日時の調整を計ります。
  • 面接実施後、結果を文書でお知らせいたします。

無利息分割納入制度担当:田島open

授業料の一括納入が困難な方のために設けられている制度です。手数料や利息は一切かかりません。保証人がいらっしゃらない場合でもご利用可能です。原則として年度内で2~10回の分割ができます。ご希望の方は入学願書右上にある「無利息分割」希望欄に○印をおつけください。なお、国の教育ローンや病院奨学金制度ご利用の方は、この分割納入制度の適用は受けられません。

手続き

  • 希望者に「無利息分割納入願い」と道銀の「口座振替依頼書」をお送りします。
  • 必要事項ご記入の上、看予備までご返送ください。
  • ご希望の納入回数と各回の納入予定金額に沿って入学者ご本人または支払い義務者の道銀口座自動引落しを行います。なお、納入回数や納入金額の変更などは全て看予備内で手続きできます。

学費免除制度(昼間部のみ)担当:石川・佐藤open

学費免除制度を希望される方は、必ず特待生試験を受けてください。

【Ⅰ】特待生試験による認定

試験結果により、授業料の免除額(全額~一部)が決定されます。

  • お電話又はメールで「特待生試験申込書」をご請求ください。(特待生試験申込書の請求はダウンロード でも可能です)
  • 申込書に必要事項をご記入のうえ希望試験日の4日前必着で看予備へご郵送ください。
  • 学科試験と面接には、普段着でお越しください。
  • 試験後、3日以内に結果の文書を発送いたします。
試験科目 英語、数学ⅠA、現代文から
1科目を選択(50分)・学科試験後面接(5〜10分)
受験料 無 料
受験会場と日時 【札幌】「看予備」(1期)3/17(土) 13:00〜
(2期)3/25(日) 10:00〜 (3期)4/1(日) 13:00〜
(4期)4/9(月) 13:00〜
最大4回の受験が可能です。
試験開始の10分前までに受付にお越しください。
 

【Ⅱ】模擬試験結果によるプラス評価認定

2017年8月以降に実施された駿台予備校・河合塾・看予備主催の模擬試験のうちどれかひとつの模擬試験結果及び面接により、授業料の免除額(全額~一部)が決定されます。

[認定の基準]

「英語」「数学」「国語」「生物基礎」または「化学基礎」の4教科のうち、3教科以上の偏差値の平均が54.0以上、看予備の道看模試では60.0以上の方

 

リストスタイル手続きと決定まで

  • 必ずお電話で「特待生試験」をご請求ください。ダウンロード(特待生試験申込用紙)
  • 申込書に必要事項をご記入のうえ、認定を受ける模試の「成績表のコピー」を同封して、希望面接日の4日前必着で看予備へご郵送ください。
  • 面接は、認定を受ける模試の「成績表(コピーではないもの)」と学生証など「本人確認ができる写真が貼付されたもの」の2点を必ずお持ちください。
  • 面接後3日以内に結果の文書を発送します。

病院奨学金制度担当:田島open

看予備の長年の実績が認められ、看予備生に対し奨学金を支給する病院があります。奨学金を受け、卒業後その病院に限られた期間勤務することにより、その奨学金の返済が全額免除されるシステムです。看予備の入学金や授業料、更に大学や看護学校在学中も続けて奨学金を受給できます。希望者に対し、校内審査と病院の担当者による面接を経て支給が決定されます。

無料入学予約制度担当:受付open

2次募集の受験や学費の準備などで看予備への入学がなかなか決定できない、という方々のためにお電話で無料の予約受付をしております。お電話またはメールで看予備の席の確保ができますので、ぜひご利用ください。後日、予約を取り消されても一切費用はかかりません。

国の教育ローン[日本政策金融公庫]担当:田島・笠井

本校入学者は、公的な国の教育ローンのご利用が可能です。
「国の教育ローン」は、入学金や授業料、寮費、通学費など看予備在学中の費用に幅広く利用できます。融資金額は学生一人につき350万円以内、返済期間は15年以内(母子家庭は18年以内)です。在学中は元金の据置ができます。
また、年1.76%(2017年10月現在)と利率も低く、保証人がいらっしゃらなくとも、融資保証基金を利用して申し込むことができます。詳しくは当校までお問い合わせください。融資実行時点で未納分授業料等を納入していただきます。仮に学費と寮費等の合計100万円を10年で返済する場合、毎月9,200円の元利均等返済となります。
なお、受験校合格後も融資限度額内で重複してご利用が可能です。
※ その他銀行関係の教育ローンなども利用可能です。

看護予備校を卒業して看護学校合格した後は

自立支援法に基づく奨学金制度、専門実践教育訓練給付制度、北海道修学資金、各自治体奨学金、日本赤十字社などの団体奨学金や基金、日本学生支援機構奨学金、看護協会貸付金、その他病院奨学金など、返済不要のものも含め様々な学費支援が看護にはあります。

当校の学生証は通学定期券購入以外にも携帯電話などの様々な学生割引に利用できます。

校内生無料・割引制度open

入学後にお渡しする通常講義テキスト・補講・特講などは全て無料です。
講習会等には、校内生特別受講料で参加できます。昼間部生の道看模試受験も全回無料(必須受験)です。

通学割引制度open

当校は学校法人の認可を受けておりますので地下鉄・バス・JRなどを利用する通学生は、特急も含めた学割定期券が購入できます。

旅客運賃割引制度open

片道101km以上のJR利用時の割引が可能です。受験時の移動や帰省、合格後の旅行などにも幅広く利用できます。

過年度在籍生及びOB・OG子息子女入学金免除制度open

過年度、何らかのコースに在籍していた方は及びその子息・子女、全員入学金が免除されます。

途中入学減額制度open

途中入学される方の授業料は減額となります。入学時期やコースにより減額金額が異なります。

予備校再チャレンジ制度open

前年度に他予備校の本科(昼間部通学)に在籍していた方が、今年度看予備にセット授業料もしくは3科目以上の単科でお申し込みになり、再チャレンジされる場合は、学生証等の提示があれば授業料の最大30%が免除されます。

合格責任保証制度(昼間部コース)open

前年度昼間部に在籍しながら、不合格になった方を対象に、次年度の看予備学費を30〜60%免除する制度です(ただし、看予備学費免除制度との併用不可)。免除率は、入学時期や履修科目、出席率により異なります。

合格責任保証制度(Gコース)open

前年度夜間部Gコースに在籍された方が昼間部にセット授業料もしくは3科目以上の単科で出席率に応じて入学される場合、前年度納入された授業料の全額〜半額が免除されます。(ただし看予備の学費免除制度との併用はできません)。さらに無利息分割納入等のご利用も可能です。Gコースへの再入学の場合も学費の一部が免除されます。

学生納付特例制度open

看予備の受付で国民年金の納付猶予の申請ができます。申請後は、万一病気やけがで障害が残ったときにも障害基礎年金が受け取れます。

社会人フリーパス制度open

高校新卒以外の方が昼間部にセット授業もしくは3科目以上の単科で入学された場合、夜間部の授業料が無料(テキストのみ実費負担)になる制度です。

駐車場利用制度open

看予備生は駐車場を無料で利用できます。駐車台数に制限がありますので届出許可制となっています。

※小論文のみの単科受講生は上記「校内生無料・割引制度」、「過年度在籍生入学金免除制度」、「途中入学減額制度」のみ利用できます(学生証ではなく単科受講証が発行されます)。