札幌の看護予備校 看予備TOP > 合格への万全指導

看護受験に関する豊富な知識と熱意ある指導で看予備生を合格へと導きます!

ライン

看護受験合格への万全指導

他を圧倒するこの数字が、私たちの誇りです。

 准看入試に失敗した受験生が一年で高看学校に合格し、また高卒後何年もブランクのある社会人や主婦の方が大学にも合格する…。
これが 看予備パワー です。

詳細はこちら

学力別指導 ゼロからスタートの社会人も安心!

 難関看護学校を狙う基礎学力がすでにある生徒でも、ゼロからスタートの社会人でも、わかりやすく、無駄のない効果的な学力アップが可能となるよう1科目ごとに徹底した学力別指導を行っています。
最も合否を左右しやすい英語については希望者に添削指導も実施しています。

チェック&ゴー徹底指導 前に進んでも忘れてしまっては意味がない!

 昼間部では、毎週1回の確認テストで講義内容の理解を確認、次段階へのステップアップを計ります。
さらに、校内テストで講義内容の定着度を再確認し、補講や補習等も随時、行って看護受験合格に向けての徹底指導を行います。

個別・添削指導 英語や数学が苦手でも大丈夫!

 平常講義は学力別クラスで実施されます。さらに最重要科目である英語と数学IAについてはプリント教材を使った添削指導や演習形式による段階別個別指導も実施しています。

推薦・社会人入試指導 看予備生をより確実に看護受験合格へと導く!

 看予備は道外の複数の看護学校から推薦指定校に認定されています。
毎年、推薦制度を利用して多数の看予備生が面接や小論文のみで看護受験し全員が合格しています。
また、社会人入試を行っている大学や看護学校のデータと対策はどこよりも充実しており、社会人入試の看護受験合格実績も他を圧倒しています。
2018年社会人入試においても、札幌市立大学看護学部看護学科は看予備生が合格占有率100%を達成しました。

完全担任制指導 授業をする先生が担任だから安心できる!!

 実際に教科や進路指導を担当する担任が勉強や進路のあらゆる面で相談にのり、指導にあたります。
昼間部では模擬試験結果は担任から返却され、個人面接も年に複数回行われます。 先生と生徒の結びつきが強いのも看予備の大きな特色のひとつです。

特別講演・病院見学 仕事への理解と強い志望意欲を培う!

 看護受験 ( 医療系 ) 入試では、将来の医療従事者としての考え方(心のあり方)も問われます。
看予備では、その心を育み、考えを深めるために大学や高看学校から講師を招き、様々な特別講演を実施しています。
また、道内の一流病院での見学など、学力と心のバランスのとれた成長を計っています。

出願指導 看予備のサポートで差をつける!

 出願書類の記入方法や内容についても全て看予備がサポートします。
看予備では入学時から担任との個人面談を通じ、重要な志望動機の書き方や願書用写真の撮影も含め、様々なサポートを行っています。

進路指導・入試情報 万全な進路指導と看予備の豊富なデータ!

 看予備では、看護受験 ( 医療系 ) 入試で最も信頼されている道看模試データや入試動向の分析と予測を踏まえ、志望校のみならず併願校やすべり止めに至るまで合格可能性の高い進路指導を行います。
また、一般の予備校では入手しにくい情報も、看予備なら大丈夫。過去問、受験レポートも非常に大きな武器となります。
全道の高校進路部で活用されている看予備の各種「看護学校入試インフォメーション」はもちろん、道外校や新設校も含め様々な学校案内や入試要項が閲覧できます。

模擬試験 多くの看護受験生の参加がなければ、本当の看護模試とは言えない!

道内看護受験生のほとんどが道看模試に参加

 看護受験生用の道看模試はほとんどの道内高校で採用され、道内看護受験生のほとんどが参加する最も大規模な看護系模試です。
この豊富な情報量をもとにはじきだされる道看模試の結果は、データの信頼性、分析の的確さから、各方面で高く評価されています。

道看模試  本番さながらの模擬試験で実力をチェック。

 模試は努力の成果を客観的に把握できる絶好のチャンス。
結果には過年度データの分析がプラスされ、科目毎の成績の推移や科目内の苦手な分野までも細かく把握できます。昼間部生は必須受験(無料)となっています。

マーク模試

 センター試験受験生用に、全国規模によるベネッセ・駿台共催マーク模試を実施しています。
看予備校内で割引受験ができ、データも直接クラス担任より返却されます。センター試験終了後にはデータネット (ベネッセ駿台) の結果を受け、個別の進路面談が行われます。

通年指導体制 通常授業以外にも、実力アップの機会は盛りだくさん。

春期講習会 無料割引 ( 看予備生特別料金 )

 看予備入学前に参加しておくと、入学後の学力伸長がよりスムーズなものになります。

夏期講習会 無料割引 ( 看予備生特別料金 )

 夏までの基礎学力の確立が、その後の学力アップを大きく左右します。

冬期講習会 無料割引 ( 看予備生特別料金 )

 入試本番に向け、看護学校の試験に出やすい良問を通し、より実戦的な指導が展開されます。

志望校別ゼミ 無料割引 ( 看予備生特別料金 )

 直前期には札幌市立大学社会人入試、天使大学、北海道医療大学、北海道医療センター附属札幌看護学校、勤医協札幌看護専門学校などへの対策に本番さながらの志望校別ゼミが実施されます。

国公立大学小論文・直前演習 無料割引 ( 看予備生特別料金 )

 志望校と個人のレベルに応じた演習を徹底的に繰り返し行い、飛躍的な論述力のアップを約束します。

入試時期においての出願準備の写真撮影や健康診断 (看予備生低料金 )

 受験用の写真撮影や健康診断も看予備なら低料金で効率的に行えます。看予備で一括して実施取り扱いをしておりますので出願準備は簡単です。

自習室 

 看予備生であればどなたでも授業のない日でも自習室が利用できます。先生やチューターには、分からないところもすぐに質問できます。

志望動機の書き方 志望動機は面接の結果を左右する!

 次の志望動機を読んで、みなさんはどう思うでしょうか?

例:私が高校一年生の時に、父が入院しました。父は体力には自信を持っていただけに入院してからは大変落ち込んでいました。また、母や私も、父をどう励ましてよいか分からず、困惑していました。そのような時、担当の看護師は、さまざまなアドバイスをしてくれました。看護師が身体的なケアだけでなく、心の面からもケアしてくれたおかげで、父も私たちも前向きに考えることができるようになったのです。
 父だけでなく、入院中の患者さんは様々な不安を抱えていると思います。そのような時、患者さんの身近で身体的にも精神的にもケアすることのできる看護師という仕事は大変ですがやりがいのある仕事だと考えています。そのため、看護師を志しました。

 実はこれらは、看予備生に配布しているプリント「このままでは面接官に納得してもらえない志望動機の例」からの抜粋です。「どうすれば面接官を納得させられる志望動機になるの?」「なぜ納得してもらえないの?」その答を、ぜひ看予備でみつけてください!

小論文・面接指導 看護専門予備校にしかできない指導

小論文  

 受験生の多くが苦手としている小論文ですが、看予備では、看護医療系入試に精通したスタッフによる添削指導を通して合格レベルの答案を作成するノウハウをお教えします。志望校や入試形態に応じたきめの細かい指導は看予備ならではの特徴です。

point1 看護医療系専門予備校だから安心
 健康とは?その人らしく生きるとは?老いとは?そして看護とは?看予備では、看護師等の保健医療職種を志すにあたって必要な考え方や入試で求められる書き方を、講義と添削指導を通じて養成します。合格できる答案作成能力が身につくので安心です。

point2 出題傾向に沿った授業だから実力がつく
 看護医療系入試の小論文の課題は、医療に関するものばかりではありません。そもそも、医療は生活・環境・人間関係などのさまざまな側面と関わるものだからです。看予備では、道内外の学校の情報や傾向に通じた講師陣が講義を担当します。実際の入試に即した指導だから実力がつくのです。

point3 志望校やレベルに応じた指導だから安心
 志望校や入試形態によって入試の傾向や合格レベルは大きく異なります。看予備では、志望校別にクラスを設定しているので、小論文が苦手な人でも安心して受講できます。

point4 充実の添削指導で実力がつく
 何度でも提出できる添削指導では「ここが良くない」という指導だけでなく、「ここはできている」「こうすればもっと良くなる」というアドバイスも丁寧に書かれているため、自らが克服すべき課題も明確になります。やる気がアップするから実力がつくのです。

point5 志望動機書の対策もできるから安心
 多くの専門学校や一部の私立大学では、願書に志望動機を書くことが求められます。また、面接でも看護師志望動機が必ずといってよいほど問われます。講義の中で実際に志望動機を書く機会もあります。志望動機書や面接への万全な対策が計れます。

point6 入試直前までのサポート体制
 看予備では小論文受講者に対して入試直前まで学校別の傾向に応じた個別指導を無料で行います(国公立大学二次試験対策など、一部有料講座もあります)。どの生徒もひとくくりというのではなく、志望校に応じて納得のいくまで頑張れるから実力がつくのです。

面接指導

 面接試験が重視される傾向が年々強くなってきています。特に面接結果が点数化される大学や専門学校では、面接の出来、不出来が合否を大きく左右します。看予備は、万全な面接対策指導体制をとっていますので安心と自信をもって受験に臨めます。

point1 他校を圧倒する膨大なデータ
 重要なのは面接を「知る」ことです。何を目的として何を聞かれるのか。看予備には過去30年以上の面接データが蓄積されています。質問だけでなく机や椅子の配置まで「知る」ことにより余裕を持って本番に臨めます。もちろん集団面接やグループ討論の練習も実施されます。

point2 個々に合わせた面接指導
 同じ受験校でも生徒により聞かれることは様々です。看予備の面接指導は単に受験校だけを考え指導するのではなく、生徒の置かれている背景(履歴や家庭など)もしっかり踏まえここに対応した指導を行っています。

point3 自分の考えを深める指導
 面接で単なる「過去の出来事」や「学校のパンフレットに書いてある事」をいくら述べても、面接官には何にも響きません。マニュアルや小手先の「何を言えば良いのか」ではなく「自分が何を考えているか。どう言えばそれらを伝えられるか」が重要です。看予備では5月からじっくりと時間をかけて、生徒一人ひとりが自分の考えを持ち、深めて行けるよう個別面談なども利用し指導します。生徒に寄り添い、面接で自信を持って自分の考えを話せるようサポートできるのは、看護医療系の専門予備校だからです。

point4 大学・専門学校からの具体的アドバイス
 看予備に大学や専門学校の入試担当者を招き、来年度入試において学校が予備校生に求めるものや面接における注意点などのガイダンスも実施。入試を行う側からの具体的なアドバイスは、面接対策に欠かせないものです。

メールで問い合せる
資料請求はこちら
ページトップへ戻る